横濱商館に生ピアノがやってきた
横濱たより152号
 
2004.6.20 発行

ピクセルスタジオに設置

 桜の季節の頃、横濱商館にピアノがやってきた。
 偶然、古くなったピアノを譲っていただけるという話があり、知り合いの調律師に電話して、輸送の手配もしていただいた。古いピアノなので1時間以上かけて丁寧に調律してくださった。
 横濱商館を設計した時点(1998年)では、ピクセルスタジオは静止画の写真撮影しか考えていなかったので、まったく防音設備は入っていない。少し強めに弾いてみて周辺を歩いてみたが、それほど音は漏れていない様子だった。
 2002年からビデオ撮影・編集、インターネット配信も行うようになり、音声取りにはノイズが入らないように注意しながら行っている。幸い下馬はそれほど車の往来が多いわけではないので問題なく録音もできている。念のため、マッキントッシュを終了し、ハードディスクは停止させることが多い。
 私が生まれ育った家庭は、良心とも音楽に疎く、楽器がある雰囲気ではなかった。自宅にピアノが置いてあるというのはなんとも不思議な気分だ。
 月田千栄子は、6歳の頃(3人兄弟の共有物)にピアノを買って貰っているのですんなり馴染んだようで一番よく弾いている。
 これを機に音楽ビデオや音楽CDを家族揃って楽しむ時間を持ちたいと考えている。

ピアノ以前から有った楽器

 私が教材用ではない楽器を手にしたのは、高校1年生の冬だった。
 司会:土居まさる(1999年1月癌で他界)、アシスタント:相本久美子の日本テレビ「テレビジョッキー」に出演して貰ったフォークギターだった。大学2年の時に、ビートたけし司会の「スーパージョッキー」にも出演しギターを貰ったが、1985年の全米ツアーの資金稼ぎのために売り払ってしまった。
 社会人になってから一時期オカリナに凝ったことがある。アケタオカリナが音も安定しているので、いろいろなピッチのものを買いそろえた。http://www.aketa.org/
 オカリナは、閉管楽器で音域は狭いもののなんともいえない心地よい響きがある。ただし、音量はかなり大きく、住宅街で練習していてお隣から苦情を頂いたこともあり、川原で練習したこともあった。ピアニカやウクレレと合わせた「福井オカリナオールスターズ」という最大6名のグループを組んでいたこともあり、友人の誕生会で演奏することが多かった。一度、反原発のイベントで演奏を依頼されたことがあったが、会場を正常化(無煙化)することを条件にOKした。

 オカリナは電源も必要ではなく、持ち運びも便利。多くの人は生演奏を聞いたことがないのでとりあえず感動してくれる。何か楽器を始めたい人にはお薦めのひとつだ。

 

Yokohama Tayori.Mike Yokohama Office All rights reserved.
918-8112 福井市下馬1-1624 横濱商館 090-3765-1097
Copyright (C) 2002-2003 www.mike.co.jp info@mike.co.jp
 
「横濱たより」とは?
 横濱商館建設途中の1998年10月に創刊されたインターネットを利用したオンラインマガジンです。4年間で100号を発行し、1000号を目指しています。
 写真家でありITマルティメディアプロデューサーであるマイク・ヨコハマが見たり・聞いたり・感じたモノやコトを発信しているモノです。ご意見・ご要望は、控えめにメール下さい。